Web版 ゆめのもり|大熊町立 学び舎 ゆめの森 公式アカウント

このnoteは、学び舎 ゆめの森の開校までの道のりを記録するブログページです。大熊町に0歳から15歳までの子どもたちが学ぶ公立学校が開校します。2023年の開校に向け、新しい教育の実現に関わる私たちの挑戦や思いについて、お伝えしていきます。

Web版 ゆめのもり|大熊町立 学び舎 ゆめの森 公式アカウント

このnoteは、学び舎 ゆめの森の開校までの道のりを記録するブログページです。大熊町に0歳から15歳までの子どもたちが学ぶ公立学校が開校します。2023年の開校に向け、新しい教育の実現に関わる私たちの挑戦や思いについて、お伝えしていきます。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    はじめまして、大熊町教育委員会です(前編)

    大熊町って?大熊町は、福島県の「浜通り」と呼ばれる太平洋に面した地域にある、人口1万人ほどの自治体です。とはいえ、普通の町とは少し事情が異なります。 2011年3月11日の東日本大震災に伴う原子力発電所の事故で、一時は全ての町民が町外に避難しました。「全町避難」と呼ばれるその状況は8年余り続き、町役場が町内での業務を再開したのが2019年5月。それから、公営住宅が建ち、商業施設ができ、福祉施設が完成し、2021年9月には交流施設と宿泊施設がオープンしました。私たちはまさにゼ

    スキ
    120
      • 大熊町探訪

        児童生徒、教職員が大熊町を訪れ、旧大野小学校を利用した「大熊町インキュベーションセンター」などを見学しました。 大熊町インキュベーションセンター 大熊町インキュベーションセンターは、旧大野小学校を再利用した施設であることの説明を受けました。 みんなで、旧大野小学校の校歌を歌いました。 12年ぶりに旧校舎に子どもたちの歌声が響きました。 お店ではスマホをかざすだけでお買い物ができます。最新のテクノロジーを目の当たりにしてビックリ‼️ 大熊町役場 大熊町役場のエントラ

        スキ
        8
        • 楽しんじゃお!「演劇授業」

          演劇ワークショップ(1日目)  4回目となる演劇ワークショップ。私たちは、きむじゅんさんと過ごす時間にいつもわくわくしています。  演劇にコミュニケーションは欠かせません。好きな色、好きな動物、生まれ月など同じもの同士でチームを作りました。コミュニケーションをとるために、声を出す大切さを学びました。 きむじゅんさんの出したお題に沿って、表現しました。 「桃太郎」「浦島太郎」「シンデレラ」を3分で演じました。チームごとに配役を決めて、台詞や動きを短時間で考えました。

          スキ
          5
          • +2

            2022年10月17日/10月27日の航空写真

            スキ
            7

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • NEWS
            Web版 ゆめのもり|大熊町立 学び舎 ゆめの森 公式アカウント
          • 建築のこと
            Web版 ゆめのもり|大熊町立 学び舎 ゆめの森 公式アカウント
          • まちの定点観測
            Web版 ゆめのもり|大熊町立 学び舎 ゆめの森 公式アカウント
          • 教育のこと
            Web版 ゆめのもり|大熊町立 学び舎 ゆめの森 公式アカウント
          • 教育方針について
            Web版 ゆめのもり|大熊町立 学び舎 ゆめの森 公式アカウント

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            第3回演劇ワークショップ                

            演劇ワークショップ(1日目)  今回で3回目となる演劇ワークショップ。講師は、「きむじゅん」こと 木村準さんです。   台本の読み合わせをしました。  まずは、一つ一つの言葉がどんなものなのか想像できないと、見ている人に伝わる表現ができません。  目に見えないものを見えているかのように、声や表情や動作で表現することの難しさをあらためて体験しました。 演劇ワークショップ(2日目)  きむじゅんさんから、考える前に身体でアクションしてみようとお話がありました。「どう表現

            スキ
            7

            「思うは招く」 ~ 強く新しい自分を一生懸命見つけよう ~

            10月20日(木)~22日(土) 学び舎 ゆめの森 体育館(会津若松市河東町大田原字村中186)にて、未来デザインウィークを開催いたします。 今年度のテーマは、 「思うは招く」 ~強く新しい自分を一生懸命見つけよう ~ です。 児童生徒が、自分たちでテーマを決めました。 皆様こぞってご参加ください。 日程: 【初日 20日(木)】 10:30 ~ 12:15 演劇ワークショップ          講師:木村 準 様(演出家) 14:00 ~ 16:00 教育講演会   

            スキ
            11

            令和4年度 スポーツフェスティバル

             令和4年9月17日、場所は大熊町立学び舎ゆめの森の校庭で、3つの探検隊によるスポーツフェスティバル(宝探しの冒険)が開催しました。探検隊は、それぞれ「ヒーロー探検隊」「なんでも探検隊」「大熊っ子ハイホー探検隊」と名のり、多くの地域住民の方々や大熊の方々の協力を得ながら、多くの試練に挑みました。 1.第1回ゆめリンピック 第1回ゆめリンピックでは、各チーム協力しながら、様々な種目を行ってゴールにバトンをつなぐことができました。 2.大熊のおいしいものをゲットしよう! ここ

            スキ
            5

            2022年9月29日の航空写真

            スキ
            5

            手作りのプラネタリウム

            会津短大連携事業で、会津短期大学の葉山亮三先生と学生さん2人にお世話になりました。 黒い画用紙に、白と黄色の蛍光塗料で星を描いていきます。 大きい点、小さい点、ハート、うずまき、うさぎなど、あったらいいなあと思う星をたくさん描いています。 手を使ってダイナミックに描いています。 1時間かけて、こんなにたくさんの星を描くことができました。 ブラックライトを当ててみたよ。 見上げると満天の星!! 「私が描いた星が見える。」 「寝て見てみよう。」 「ずっと見ていた

            スキ
            5

            2022年9月12日の航空写真

            スキ
            4

            標葉祭りでひまわりを咲かせてきました!🌻

            0.標葉祭りとは?  標葉(しねは)祭りとは、浪江町・双葉町・葛尾村そして大熊町の地域を指す呼び名で、その昔、『標葉氏』がこの地域を治めていたことから『標葉郡』と呼ばれていました!  今回の標葉祭りは、9月10日に学び舎ゆめの森が来年度から帰還する大熊町で開催され、多くの人で賑わいました。 1.アイディアコンテスト最優秀賞受賞!  ゆめの森として学校を挙げて皆で参加するきっかけを作ってくれたNさん! 応募にあたって、「標葉地域の素晴らしさを広めたい!」と思いを巡らせてい

            スキ
            8

            室屋義秀さんとのワークショップ

            9月8日(金)、室屋義秀さんとのワークショップを行いました。室屋さんとの約1年ぶりの再会、子どもたちだけでなく、教職員も楽しみにしていました。 今回のワークショップでも、子どもたちの素敵な笑顔をたくさん見ることができました。エアレースの第一線で活躍されている室屋さんのお話は具体的で分かりやすく、子どもたちが自分の将来をイメージする上でとても役立つものでした。これからも室屋さん、パスファインダーの皆さんとのつながりを大切にしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

            スキ
            7

            2022年8月29日の航空写真

            スキ
            5

            北海道・植松電機へ行きました

            0.はじめに 8月9日㈫10日㈬、学び舎ゆめの森はじめての学習旅行へ行ってきました。目的地は北海道・赤平市にある植松電機です。 出典:TED×Sapporo (https://tedxsapporo.com/) https://uematsudenki.com/ 植松電機はリサイクル用マグネットの開発・販売を行いながら、北海道大学と共同でハイブリッドロケットの開発を行うなど、宇宙航空に関する研究においても活躍する会社です。 代表取締役の植松努さんは、失敗を恐れずに自ら

            スキ
            11
            +2

            2022年7月21日/8月19日の航空写真

            スキ
            6

            くすのきコンサート大盛況♫

            7月15日昼休み、体育館で「くすのきコンサート」が開催されました。 音楽が大好きなKくん、Aくん。コンサートの看板、チラシ、チケット、選曲など、すべてを自分たちの手で作り上げました。 4月下旬、音楽の授業で何を頑張りたいかを考える時間がありました。 その際、Kくんは……。 「ピアノでねこふんじゃったを弾きたい!」と目標をたてました。 その日から、音楽専科教師であるK教諭(筆者)のことを職員室から連れ出し、一小節ずつ丁寧に丁寧に練習する日々が始まりました。 一方、お気に入り

            スキ
            6